結納

結婚式費用

結婚式費用について

結婚式をやると決めたら、最初に気になるのがその費用ですよね。 費用の相場は総額で約300~400万円と言われています。ただし、ここからご祝儀分は負担が減るので、実際の費用は100~200万円程度になることが多いようです。 相場だけを聞くと気後れしてしまいますが、ご祝儀分を考えると現実的な金額になりますね。ご両親から援助してもらっているカップルもたくさんいるようです。貯金+ご祝儀+親からの援助の合計額が、おふたりが結婚式に使えるお金の総額となります。

結婚式の費用は予算から考える方法と、理想から考える方法があります。 予算から考える方法というのは、あらかじめふたりで予算を決めておいて、その金額内に収まる式場、プランや演出を考えます。式場には予算内で見積もりを出してもらいます。 見積もりから大幅に費用が増える、ということが少ないので安定志向の方にはオススメですが、無難な結婚式になりがちかも。
理想から考える方法とは、まずは希望のスタイルややりたい演出をすべて盛り込んで見積もりを出してもらう方法。そこから「自分たちが支払ってもいいと思える金額」になるまで、削ったり代替案を採用して調整します。
はじめはその見積額にびっくりしてしまいますが、上手に節約すれば現実的な金額に近付けるはず。節約方法はネットにたくさん載っていますし、プランナーさんに先輩花嫁様の節約アイデアを聞いてみるのも◎。

貯金がないから少人数婚で、と考える方もいますが、ちょっと待って。ゲストの人数が少ない方が安く済むとは限りません。お料理や引出物など、ゲスト一人あたりにかかる金額は約2万円~3万円程度なのに対して、ご祝儀は3万円~5万円が平均的。式場への支払金額は増えますが、それ以上にご祝儀で返ってくる金額の方が多くなります。
メニューや引出物によって多少違いはありますが、ほとんどの場合、招待人数が多い方がおふたりの負担は少なくなります。
お世話になった方や友人など、呼びたいゲストは諦めずに招待しましょう。

結婚式以外にも新婚旅行、新居を借りるときの敷金・礼金、引っ越し代、家具・家電など、結婚にともなってたくさんの支出があります。理想は大切にしつつ、無理のない金額に収まるよう計画的に準備して。


おおよその結婚式の見積り

 項目  単価 個数  見積金額
結婚式代 宴席料、控え室代 \70,000 1 \70,000
挙式費用 \140,000 1 \140,000
料理 中級ホテル \15,000 70 \1,050,000
飲み物代 \2,000 70 \140,000
プラス飲み放題 \2,000 70 \140,000
ウエディングケーキ \40,000 1 \40,000
持ち帰り用 \350 70 \24,500
式場のセット メインキャンドル \20,000 1 \20,000
卓上装花 \15,000 7 \105,000
メインテーブル装花 \80,000 1 \80,000
ウエディングケーキ装花 \15,000 1 \15,000
ジョーゼット \80,000 1 \80,000
音響、照明 \80,000 1 \80,000
司会 \60,000 1 \60,000
結婚式 衣装 (男性) \20,000 1 \20,000
(女性) \120,000 1 \120,000
(ブーケ) \30,000 1 \30,000
(小物) \50,000 1 \50,000
お色直し(男性) \30,000 1 \30,000
お色直し(女性) \120,000 1 \120,000
お色直し(ブーケ) \25,000 1 \25,000
お色直し(小物) \30,000 1 \30,000
着付け(男性) \10,000 1 \10,000
着付け(女性) \70,000 1 \70,000
メイクリハーサル(女性) \15,000 1 \15,000
スタッフへ 介添料 \15,000 1 \15,000
司会者 \5,000 1 \5,000
美容師 \5,000 1 \5,000
着付け係 \5,000 1 \5,000
会場係 \3,000 1 \3,000
受付 \3,000 1 \3,000
カメラマン \5,000 1 \5,000
結婚式 写真 スタジオ写真 \15,000 1 \15,000
スナップ写真 \120,000 1 \120,000
ビデオ撮影 \160,000 1 \160,000
その他 芳名帳 \3,500 2 \7,000
贈呈花 \15,000 1 \15,000
引き出物 \4,000 40 \160,000
引き菓子 \3,000 40 \120,000
手提げ袋 \400 40 \16,000
合計 \3,218,500