結納

婚約指輪(エンゲージリング)のお返し

婚約指輪(エンゲージリング)のお返しについて

婚約指輪のお返しはもらった指輪の半額程度のものを贈る、半返しが一般的となります。 しかし、これはあくまでも目安。お互いの経済状況もありますので、金額だけにとらわれる必要はありません。自分が払える可能な範囲で、相手に最大の感謝の気持ちを表せるものを贈るのがよいのではないでしょうか。相手への心遣いが一番大切です。結納を行う場合、婚約指輪のお返しは結納返し扱いになります。地域によって風習もありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。分からないときはデパートなどで聞くと教えてくれます。また、男性と女性の出身地が異なる場合、風習の違いなどもあるので二人でよく話し合っておくとよいでしょう。

お返しの品物

婚約指輪を貰って幸せの余韻に浸っている場合ではありません。お返しは贈りましたか?以外に知らない人も多い婚約指輪を貰ったらお返しを贈るマナー。 一般的には女性側はお返しとして婚約指輪の半額程度(半返し)の物をお返しとして贈ります。婚約指輪の平均金額は20万円~40万円と言われていますから半返しは10万円~20万円が相場となります。

お返しとして定番のものは腕時計やスーツ、財布、靴などが多いようです。次いでネクタイ、タイピン、パソコン関連グッズなども。その他趣味で使うものなど彼が欲しいものを贈る人も多いようです。

腕時計の人気ブランドは年代別で差はありますが20代はIWC(40万円~)、オメガ(20万円~)、タグ・ホイヤー(27万円~)。30代はハミルトン(10万円~)、タグ・ホイヤー(40万円~)、オメガ(80万円~)。40代はヴァシュロン・コンスタンタン、タグ・ホイヤー、オメガなどが人気のようです。裏面にメッセージやイニシャルなどの刻印を入れる人も多いそう。

スーツも年代別で差はありますが、20代はスーツセレクト(1万8千円~)、ザ・スーツカンパニー1万9千円~)、アオキ(1万8千円~)。30代は五大陸(6万6千円~)、ダーバン(8万5千円~)、ラルディーニ(11万5千円~)。40代以上はブリオーニ(50万円~)、エルメネジルドゼニア(35万円~)、キートン(80万円~)などが人気のようです。

結納品と違って、当人同士で決めることができるので、ぜひ自分から彼への感謝の気持ちを表現したいものですね。

お返しの金額

婚約指輪の平均購入金額は35万円~40万円です。婚約指輪のお返しの金額としては、半返しを考えている女性が多いようです。そうなると大体17万円~20万円程度になります。婚約指輪のお返しとして一番人気の時計の平均金額も約18万円となっています。しかしこれはあくまでも平均なので、お互いでよく相談して無理のない金額の記念品をプレゼントしましょう。平均金額よりも少ないからと言って気にすることはないのです。結婚した後は二人で生活していくのですから、もし予算が大幅に余ってしまったら生活資金にあてましょう。お返しの品物として人気があるのは時計やスーツですが、近年では品物にこだわらず男性が欲しいものを贈る女性が増えています。金額ばかり気にしてしまうよりも、自分の気持ちを伝えることのほうが大切ではないでしょうか。

お返しの時計

婚約指輪のお返しとして最も人気があるのは時計です。ある統計によると、50%以上の女性が婚約指輪のお返しに時計をプレゼントしています。せっかく結婚記念品として渡すのですから良い時計を、と考える女性がやはり多いようです。好みもありますし、素直に予算を伝えて彼と一緒に選びに行くのが良いでしょう。その方が二人で選んだ、という記念にもなりますし彼のお気に入りの時計を贈ることができます。 予算によって選ぶ時計も変わってきますが、中でも人気のブランドはタグホイヤー、グランドセイコー、オメガなどです。値段も30万円前後で購入することができます。量販店やネットで探せばもっと安く購入できます。時計は毎日身につけるものですしできるだけ長く使ってもらいたいですね。そのためにも流行に左右されやすいデザインよりは飽きのこないデザインの時計がオススメです。 実際に結婚生活を始めてしまうと、高価なプレゼントを贈ることは難しくなるでしょう。一生に一度の記念として、じっくり選んで素敵な時計をプレゼントしてあげて下さいね 。

婚約指輪お返しの時期やサプライズは?

婚約指輪をもらって嬉しい気持ちでいっぱいでしょうが、お返しを忘れてはいけません。もちろんケースバイケースですが、日本には貰った婚約指輪の半額程度のものをお返しとする習慣があります。

婚約指輪のお返しの時期は、結納を行うのであれば結納のタイミングでお返しをするのがベストです。もし結納を行わない場合には両家の顔合わせの食事会の時がよいでしょう。また、サプライズで婚約指輪をもらったからお返しもサプライズで返したいという人もいます。もちろんサプライズで彼の好みに合うようなものをお返しするのもありです。ただし、せっかくいいお値段のするものを買っても彼の好みに合わない場合もあります。必ずしもサプライズが成功するとは限りませんので注意しましょう。

また、彼がお返しを望まないのであれば贈る必要はありません。その分新婚旅行や新生活に向けて貯めておこうという人もいます。その場合

お返しは必要?

婚約指輪のお返しを必ず渡さなくてはいけないということはありません。地域の風習もありますし、結納や両家顔合わせを行う場合は何らかのお返しを用意しておいた方がよいでしょう。そのような慣習は自分で考えて分かるものではないので、事前にご両親に聞いたり百貨店に聞いたりして確認しておきましょう。 一般的には婚約指輪のお返しに記念品を贈っている女性が多いようです。金額としては婚約指輪の半返しが一般的ですが、金額よりも気持ちが大切ですね。彼の方から「お返しはいらない」という申し出があった場合でも女性に「贈りたい」という気持を伝えてプレゼントすれば、きっと喜んでくれるはずです。相手への想いを形にするつもりで記念品を選んであげましょう 。