結納

婚約式の進め方

婚約式

「結納」は日本独自の文化ですが、海外にはそれに似た「婚約式」というものがあります。元々はキリスト教の儀式で、教会では信者だけが行えるそうですが、最近はこのスタイルにならい、日本でも「婚約式」が行えるホテルや会場が増えています。結納に比べ堅苦しくなく、アットホームな雰囲気が人気のようです。

婚約式の内容

両家の顔合わせの場でもあります。婚約となれば家族や周囲の人たちの公認も必要です。恋愛では、双方の両親・家族が会う機会はほとんどありませんので、今後の両家の結びつきを深いものにします。 婚約式の内容としては、聖職者立会いのもと、誓約書へのサイン、婚約記念品の交換等があり、男性から女性にはエンゲージリング、女性から男性へは時計などが贈られます。結納金の制度は基本的にはありません。

婚約式の場所と時期

場所はホテルやレストラン・料亭などに席を設けることが多く、自宅で行われる事もあります。時期としては挙式の半年前が適当だと思われます。この席で婚約記念品を交換します。これは欧米の風習が定着したもので、結婚を承諾したという意思表示にもなります。

婚約披露パーティー

婚約披露パーティーとは、婚約式とは違い、堅苦しいのは苦手という若い人たちの間で人気があります。家族や親しい人たちを招いて発表し、お祝いしてもらうというもの。 結納を済ませてからパーティーを開くのが常識です。会場はホテルやレストラン、又は両家のどちらかに集まって会合するのも良いのではないでしょうか。 あまり大げさにせず、軽食でアットホームなパーティーにするのがオススメです。

婚約通知状

婚約式や披露パーティーには結婚式と違い、友人や知人全てを招待することは出来ないため、婚約通知状を出します。自筆でも印刷でも構いません。ただし、正式に婚約したこと、結婚式の予定、仲人の名前も忘れずに。そして誠実感のある文面にしましょう。差出人は、本人達の連名か、二人の両親の連名のどちらかにします。

ホテル結納のパックプラン

プランのセット内容は、結納品、食事、室料からスタッフサポートまで。結納のプランだけあって、必要な物は全部含まれていることが多いです。スナップ写真が含まれている場合もあります。場所によっては食事と結納品の価格設定を別々にしているところもあります。スタッフがついてくれるので、進行役、目録や家族書などの筆耕もお願いできます。わからないことはスタッフに何でも相談しましょう。

結納式の進行はスタッフが詳しく案内

両家が揃うと、スタッフが台の持ち方や席順、式次第から口上まで何でも教えてくれます。このとき、「特にこうしたい」ということがあったらスタッフに伝えましょう。素早く対応してくれるはずです。

結納式自体にかかる時間は約10~20分くらい

式自体の時間は長くないですが、やはり緊張するものです。もし途中で間違ったり手順がわからなくなったりしても、介添えスタッフがサポートしてくれます。

進行パターン

1.式の30分くらい前から準備して、結納品を飾ります。ホテルや料亭であっても女性側の自宅とみなして結納を行うので、女性側は男性側よりも先に着くようにしましょう。
2. ロビーにて、結納品と式の進行を確認します。
3. スタート。もちろんスタッフがついています。
4.結納品を取り交わして終了したら、記念写真をパチリ。
5.祝い膳をいただく宴席につきます。

プランの料金は6人で10万弱から30万くらいまで様々

必要なもの全部を含むだけに、単に会食をするだけよりは高めになります。結納プランの内容は、室料、花代、食事、飲み物がセットになっているケースが多く、プロのカメラマンによる記念写真や仲人への土産品などをパックにした魅力的な結納プランを用意しているところもあります。料金は料理の内容や結納品の品目数にもよります。部屋は基本的にどの料金でも同じ場所を使えることが多いです。料亭によっては、結納と会食ふたつの部屋を用意してくれます。落ち着いて食事が楽しめますね。ホテルなど部屋が同じ場合も、結納品を飾っておく場所があり設置してくれます。 また、ホテルで行われる場合の費用は、両家で折半されることが多くなっています。だいたいひとりあたり2万円前後が多いよう。ただし、結納飾りや結納金を新郎側が持参した場合は、会場・飲食費用をすべて新婦側が負担するケースもあります。 重要なのは費用負担をどちらが行うかを事前に決めておくこと。当日になってゴタゴタするのは見苦しいので……。

挙式、披露宴をしなくても、結納プランだけの利用はOK

今、プランを用意しているほとんどの会場は、同じ場所で挙式をしない人の利用もOK。だから気になるホテルや式場のプランを色々チェックしてみましょ

申込みはだいたい2~3カ月前なら希望日も予約可能

パックプランは部屋次第なので、部屋さえ空いていれば1週間前でも大丈夫です。ただ、大安や友引は早くから予約が入ることが多いため、できるだけ早めに予約を取りましょう。 祝宴も行うため、時間帯も昼前後に集中します。急な場合でもとりあえず問い合わせをしてください。